こどものムダ毛ラボ

毛深い子供のために親が出来ること

ムダ毛の基礎知識

子供が毛深くなる3つの原因とは?

更新日:

子供が毛深い3つの原因とは?

自分の子供が成長するにつれ、「あれ、もしかしてうちの子って毛深いのかも、、、」と気づく瞬間があります。

もちろん、毛深いからといって愛する我が子に変わりはないのですが、本人がコンプレックスに感じてしまったり、学校でからかわれたりしないかが心配ですよね。

子供が毛深くなったのは私に原因があるんでしょうか・・・?
そうとも言えますが、同時にどうしようもないことでもあります。原因をしっかり理解して対策をしてあげることが大切です。

子供が毛深くなる原因としては、大きく分けて以下の3つの原因があります。

  • 遺伝
  • 多毛症や薬の副作用
  • 生活習慣

原因をしっかり理解すると、自分たちの生活に当てはめて「もしかしてこれのせいかも」と思い当たる節が出てくるかもしれません。

遺伝や多毛症の場合は自分で対策することは難しいですが、生活環境が原因の場合は改善することが可能ですので、子供のためにもしっかりと対策をしていきましょう。

子供が毛深い原因はほとんどが遺伝

まず、子供が毛深くなる原因はそのほとんどが遺伝によるもので、父親か母親のどちらかが毛深い場合は高確率で子供も毛深くなります。

また両親が毛深くなくても、おじいちゃんやおばあちゃんに毛深い人がいる場合にはそこから遺伝することもあります。

遺伝子を組み替えるわけにもいきませんので、遺伝が原因で毛深い場合は根本から対策することは不可能です。

そのため、親が毛深いと自覚があるならば、子供が気にし始めた段階で、正しいシェービングや保湿ケアを教えてあげるのが最適な解決方法と言えるでしょう。

間違っても、「まだ子供なんだから気にするな」なんて言ってはいけませんよ。

多毛症や薬の副作用によって毛深くなる

女の子なのにヒゲが生えるなど、著しく毛深い場合は、多毛症と呼ばれる病気の可能性があります。

多毛症とは、産毛が太くなって著しく毛深く見えてしまう症状のことで、脇毛や陰毛のような太くて濃い毛が生えてくるのが特徴です。毛の量が多くても毛質が柔らかい毛であれば、多毛症ではなく単に遺伝の可能性が高いです。

参考女性や子供に多い『多毛症』とは?ただの「毛深い」との違いもチェック

多毛症の起きる主な原因としては、男性ホルモンの過剰分泌であったり、ステロイド薬の服用などが挙げられます。

この病気は特に女性や子供に多く見られるもので、「生理周期が乱れる」、声変わりの時期ではないのに「声が低くなる」などの症状が見られます。

もしもお子さんがこのような症状に当てはまっている場合、一度お近くの内科や小児科の医師に相談し、血中の男性ホルモン濃度を測定して治療を受けると良いでしょう。

薬の副作用によって多毛が見られることも

また、アトピーを治療する「ステロイド薬」や、臓器移植の拒絶反応を抑える「シクロスポリン」、抗てんかん薬の「フェニイトン」などの副作用として多毛が見られることがあります。

しかしこの場合、医師が必要に応じて処方している薬のため、多毛を抑えるために個人の判断で服用をやめることはおすすめ出来ません。

どうしても副作用による多毛が気になる場合は、服用をやめる前に必ず医師に相談しましょう。何か改善案を提案してくれるかもしれません。

生活環境が原因でも毛深くなる

ここまで紹介してきた「遺伝」や「多毛症」などは、自分でどうにか出来るものではありませんでした。しかし、生活環境が原因であれば対策をすることが出来ます。

また、遺伝によって毛深いという人でも、次のような生活環境が原因で毛深さに拍車をかけていることがあります。

  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • 紫外線

これらが日常生活で代表的な「毛深くなる原因」です。

大人でもこういった生活環境で毛深くなることはありますが、成長期の子供の場合はより影響を受けやすいため注意が必要です。

食生活の乱れ

子供の頃から化学調味料が使われたインスタント食品ばかりを食べたり、過度なダイエットをしているとホルモンバランスが崩れてしまいます。

特に子供の頃はホルモンのバランスが安定しないため男性ホルモン優勢の状態になりやすく、毛深くなる原因となるのです。

ちなみに、「わかめや海藻を食べると毛が生える」という話がありますが、これらを食べても毛深くなることはありません。

海藻類には髪のハリやツヤに効果があり、また子供の成長にも良いミネラルが豊富に含まれているため、むしろ適度に摂取するべきです。

ストレス

ストレスを感じることも、ホルモンバランスを崩す大きな要因の一つと言われています。

そもそも女性ホルモンは脳から分泌されるのですが、ストレスを感じることで脳がホルモンを適切に分泌出来なってしまうのです。

「子供の頃からストレスなんて、、、」と思われるかもしれませんが、子供にだってストレスを感じる瞬間はあります。

むしろ、子供にとっては学校と家が世界のすべてで、大人より自由も効きません。現代の子供は、親が知らないうちにストレスを溜め込んでいることも少なくないのです。

何かその子なりのリフレッシュ方法を見つけてあげて、ストレス発散の仕方を教えてあげるのも親の役目と言えるでしょう。

また、睡眠もストレスを発散する大切な時間です。睡眠時間はしっかりと確保して、ホルモンバランスを崩さないようにしましょう。

紫外線

毛深くなる原因として意外と知られていないのが、「紫外線」です。

実は、紫外線をたくさん受けると、刺激から皮膚を守るために毛が発達します。

南国の人に毛深い人が多く、北国に毛の薄い人が多いのも、紫外線による影響から身を守るために人類が進化した結果なのです。

日常生活レベルで過剰に心配する必要はありませんが、海や山にレジャーに出かけたりする際には、子供でもきちんと日焼け止めを塗って紫外線対策をしてあげましょう。

まとめ

子供が毛深くなる原因は、そのほとんどが遺伝によるものですが、食生活やストレスなど生活環境なども密接に関係しています。

ホルモンバランスが崩れやすい成長期の子供だからこそ、親がしっかりと気をつけて生活環境を整えてあげましょう。

しかし、どんなに生活環境に気をつけても、成長期の間は子供のムダ毛が成長することを止めることは出来ません。

子供のうちは脱毛もなかなか難しいため、シェービングなどでムダ毛を処理する方法をしっかりと教え、子供がコンプレックスを感じずにのびのびと過ごせるようにすることが大切です。

私たち親子イチオシのムダ毛ケアグッズ

NEW コントロールジェル ME

天然成分から作られた、小さい子供でも使える低刺激な抑毛ローションです。

お風呂上がりなどに使い続ける事で、ムダ毛が薄く柔らかくなって目立たなくなります。

なんと既に20年以上も販売され続けていて、その効果は大手ボディケアサロンでも会員向けの商品として扱われているほど。

初回の注文は25%オフで、1本から購入出来ます。しかも、60日以内であれば、開封後でも使用後でも全額返金OKなので気軽に試す事が出来るんです。

ちなみに、私の娘がメインで使っているのもこの商品ですよ。

参考コントロールジェルMEを子供と1ヶ月試してみた!その効果は本当なのか?

-ムダ毛の基礎知識

Copyright© こどものムダ毛ラボ , 2018 All Rights Reserved.