こどものムダ毛ラボ

毛深い子供のために親が出来ること

ムダ毛の処理方法

子供のムダ毛処理の方法は何が一番良い?【完全版】

更新日:

子供のムダ毛処理の方法は何がベスト?

ひとくちにムダ毛処理といっても、剃る、抜く、脱毛、ワックス、脱色、、、などなど、様々な方法があります。

ムダ毛処理の方法において何を重要視するかは人それぞれですが、

  • キレイに処理できる
  • 肌に負担が無い
  • お金がかからない
  • ツルツルではなく自然に薄く
  • 手間がかからない

このような要望をすべて満たす魔法のようなムダ毛処理の方法は、残念ながら存在しません。

サロン脱毛はお金かかるし、剃るのも肌に悪そうだし、ワックスも痛くて可哀想、、、
万能なムダ毛処理というのは存在しないので、それぞれのメリットデメリットを踏まえた上で、子供にあったものを選ぶ必要があります。

そこで今回は、私たちのように毛深いことに悩む子供をお持ちの方に向けて、様々なムダ毛の処理方法のメリット・デメリットをまとめてみました。

もちろん、あくまでも「子供のムダ毛処理方法としてどうなのか」という視点で見ているため、大人には一部当てはまらない部分もありますがご容赦ください。

カミソリで剃る

総合評価

メリット

  • 手軽に処理できる
  • 処理直後はツルツルになる
  • 費用がかからない

デメリット

  • 深剃りすると肌への負担が大きい
  • 肌を切ってケガする場合がある

カミソリで剃るのは、最も手軽でカンタンなムダ毛処理の方法でしょう。お風呂場などで処理すれば簡単にツルツルになりますし、費用がかからないのも大きなメリットです。

ただし子供の肌は敏感なため、剃り方には注意しないと将来的に肌トラブルの原因になってしまいます。

参考子供のムダ毛を剃るときは要注意!ケアを怠ると乾燥肌や黒ずみの原因に

電動シェーバーで剃る

総合評価

メリット

  • 肌への負担が少ない
  • どこでも処理できる
  • 安価に購入できる

デメリット

  • 根元から処理出来ない
  • 広範囲の処理は時間がかかる

フェリエなどの電動シェーバーを使うと、刃が直接触れないため肌への負担を最大限減らしてムダ毛を処理することができます。肌の弱い子供にとって、これは最大のメリットです。

ただしカミソリと違って毛の根元まで処理できないため、すね毛など濃くて太い毛が生える部位には向きません。また、広範囲の処理にも時間がかかるため、シェーバーのみで全身の処理を行うのは手間がかかります。

毛抜きで抜く

総合評価

メリット

  • 一度抜けばしばらく生えない
  • 根元から抜けると気持ちがいい

デメリット

  • 剃るよりも肌への負担が大きい
  • 埋没毛が出来る
  • 処理に時間がかかる

一度抜いた毛はしばらく生えてこないので、処理の頻度は少なくてすみます。また、単純に「すっぽり抜けるのが気持ちよくて好き」という方も少なくありません。

ただし、ムダ毛処理の中では最も肌への負担が大きく、子供のうちから続けているとクレーターのような跡が残る可能性もあるため、抜いて処理するのは絶対にやめたほうが良いです。

参考子供のムダ毛を抜くのは絶対NG!今すぐやめるべき3つの理由

家庭用脱毛器(電動毛抜き)で抜く

総合評価

メリット

  • 素早く抜くことが出来る
  • 一度抜けばしばらく生えない

デメリット

  • 毛抜き以上に毛穴へのダメージが大きい
  • 埋没毛が出来る
  • 痛みがある

ソイエなどに代表される電動毛抜き型の脱毛器は、毛抜きに比べて素早く広範囲を抜くことが出来ます。

ただし、毛を無理やり抜いているので毛穴が受けるダメージは毛抜き以上に大きく、大人でも強い痛みを感じる程です。子供の肌には絶対に使ってはいけません。

家庭用脱毛器(光脱毛式)で処理する

総合評価

メリット

  • 毛が細く出来る
  • サロンに通わず光脱毛出来る
  • サロン脱毛より安い

デメリット

  • サロン脱毛より効果は低い
  • 出力に気をつける必要がある

家庭用の光脱毛器(ケノンなど)は、自宅にいながらサロン脱毛のようにムダ毛を細くしてくれる効果が期待出来ます。

しかし、サロン脱毛ほどの効果はなく、肌が弱い子供にとっては出力を気をつけないとやけどのような赤みが出る場合もあります。

さらに、万が一異常が出た時にサロンであれば相談出来ますが、自宅の場合はそれも出来ません。よって、子供に家庭用の光脱毛器を使うことはオススメしません。

脱毛ワックスを使う

総合評価

メリット

  • 広い範囲を一気に処理出来る
  • 抜いた毛はしばらく生えてこない

デメリット

  • 痛みが強い
  • 肌へのダメージが強い
  • 毛穴が広がる

ブラジリアンワックスのような脱毛ワックスは、広範囲を一気に処理できることと、男性の毛でもキレイに抜き去るその効果の強さが特徴です。

しかし、たくさんの毛を毛根ごと引き抜くその脱毛法は、刺激が強く、大人でもかなりの痛みを感じます。

肌の弱い子供の場合、炎症を起こしたり毛穴が広がったりといったデメリットの方が大きいので、こちらもオススメ出来ません。

脱色する

総合評価

メリット

  • 毛を残したまま目立たなく出来る
  • 効果が長く持つ

デメリット

  • 光の当たり具合では余計に目立つ
  • 顔には使えない
  • 肌がかぶれることがある

「ツルツルは嫌だけど、毛は目立たなくしたい」という要望がある時には、脱色するという方法があります。特に毛深い男の子で、周りに処理していることがバレたくないという子に勧められます。

ただし、光の当たり具合によっては余計に目立ってバレてしまったり、眉毛など顔の毛には使えないという欠点があります。

また、脱色は薬剤によりタンパク質を分解することで毛の色を抜きます。同時に肌のタンパク質まで分解してしまうため、肌が弱い子はかぶれてしまうので注意が必要です。

抑毛ローションを使う

総合評価

メリット

  • 毛を細く目立たなく出来る
  • 肌に優しい
  • 保湿効果があるため美肌に

デメリット

  • 即効性はない
  • 毎日のケアが必要

抑毛ローションは、毛を細く柔らかくして目立たなくすることが出来ます。大人の場合、個人差が大きく効果が感じられないこともありますが、毛が成長途中の子供には効果が出やすい方法です。

肌への負担がなく保湿ケアとしても優秀なため、同時に肌の調子も整えることが可能です。

ただし即効性はないため、使い始めは他の処理と併用する必要があることと、毎日のケアをきちんと続ける必要があることには注意が必要です。

参考子供でも使えるおすすめの抑毛ローション3選

除毛クリームを使う

総合評価

メリット

  • 広範囲を処理出来る
  • 肌を傷つけない
  • 時間がかからない

デメリット

  • 皮膚が薄い部位には使えない
  • 肌が弱いとかぶれることがある

除毛クリームは、短時間で広範囲をツルツルに処理出来るのが魅力です。刃物を使わないので、肌を切ってしまう心配もありません。

しかし、顔やデリケートゾーンなど皮膚の薄い部分には使えないため、全身の処理を除毛クリームで行うことは出来ません。

また、除毛クリームは薬剤を使用しているため、体質によっては肌がかぶれたり赤みが出ることがあるので注意が必要です。

除毛パッドを使う

総合評価

メリット?

  • なし

デメリット

  • 肌を傷つける
  • 処理に時間がかかる
  • 太い毛は処理出来ない

除毛パッドは、ドラッグストアでも販売されているため試してしまう方も多いのですが、絶対に辞めた方が良いです。

実際は紙やすりのようなものをパッドに貼り付けただけで、ムダ毛だけでなく肌の角質ごと削り取ってしまいます。

Amazonのレビューでも「ヒリヒリする」「除毛も出来ない」と散々なレビューが付いています。大人でも痛みが残るくらいですから、子供が使うと考えたらゾッとします、、、。

子供脱毛に通う

総合評価

メリット

  • ツルツルに処理できる
  • 肌に優しい
  • 通うごとに毛が薄くなる

デメリット

  • 費用がかかる
  • 何度も通う必要がある
  • 子供脱毛できるサロンが少ない

サロン脱毛は費用がかかりますが、やはり効果だけを見ればこれが最高の方法です。

毛深いことに悩む子供が増えた影響から、最近では子供の脱毛が雑誌やテレビなどでも取り上げられるようになりました。

年齢制限のある脱毛サロンが多いですが、子供脱毛専用コースのあるサロンであれば小・中学生でも脱毛することが可能です。

参考子供が脱毛サロンに通えるのはいつから?安全面は大丈夫?

まとめ:結局どのムダ毛処理方法が一番良いの?

基本的に、「毛を抜いて処理すること」「刺激の強い薬剤を使うもの」は、子供のムダ毛処理をする時には避けた方が良いでしょう。

費用さえクリアできれば、子供脱毛に通うのがベストな方法です。

ただし、「費用的にちょっと厳しい、、、」「やっぱり子供に脱毛は抵抗がある」という場合は、カミソリor電動シェーバーで剃る+抑毛ローションでケアする。という組み合わせが最も効果的です。

実際に、うちの娘もひざ下だけサロン脱毛で、残りはカミソリ+抑毛ローションで処理しています。すね毛はツルツルですが、それ以外もだいぶ毛が細くなっていて、自己処理がかなり楽になったと喜んでいます。

ちなみに、うちの娘が使っているのはこの抑毛ローション。

>>> NEW コントロールジェル ME

ぜひ、自分たちの家庭の状況と相談しながら、一番良い方法を選んでみてくださいね。

私たち親子イチオシのムダ毛ケアグッズ

NEW コントロールジェル ME

天然成分から作られた、小さい子供でも使える低刺激な抑毛ローションです。

お風呂上がりなどに使い続ける事で、ムダ毛が薄く柔らかくなって目立たなくなります。

なんと既に20年以上も販売され続けていて、その効果は大手ボディケアサロンでも会員向けの商品として扱われているほど。

初回の注文は25%オフで、1本から購入出来ます。しかも、60日以内であれば、開封後でも使用後でも全額返金OKなので気軽に試す事が出来るんです。

ちなみに、私の娘がメインで使っているのもこの商品ですよ。

参考コントロールジェルMEを子供と1ヶ月試してみた!その効果は本当なのか?

-ムダ毛の処理方法

Copyright© こどものムダ毛ラボ , 2018 All Rights Reserved.