こどものムダ毛ラボ

毛深い子供のために親が出来ること

子供向けのムダ毛対策商品

Jomoly(ジョモリー)は子供にも安全に使えるか?成分を調べてみた

更新日:

ジョモリーは子供にも安全に使えるのか

※追記:Jomolyは販売終了しました。子供向けのムダ毛対策商品を探している方は、子供でも使えるおすすめの人気抑毛ローション3選をご覧ください。

女優やモデルが使っているとテレビや雑誌に取り上げられたことで、一躍有名になったのが「Jomoly(ジョモリー)」

普段のお風呂でボディソープ代わりに使うだけで、手軽にムダ毛が薄くなると評判の抑毛石鹸です。

最近はインスタグラムでも芸能人が写真をアップしているので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

手軽に簡単にムダ毛処理が出来るので、カミソリを使ってムダ毛処理をさせるのが怖いという子供や、抑毛ローションを買ったけど面倒臭がって続けられなかったお子さんには持ってこいの抑毛石鹸です。

でもそんなに効果があるなら、刺激の強い成分が入ってないか心配です。
確かに、敏感な子供の肌に使うことを考えたら不安ですよね。

というわけで今回は、話題の抑毛石鹸Jomoly(ジョモリー)の気になる成分を調べてみました。

ジョモリーに使われている主な成分

公式サイトをチェックすると、ジョモリーに使用されている原料は以下の通り。

カリ含有石ケン素地、水、パパイア果実エキス、豆乳発酵液、ブロメライン、チオグリコール酸Ca、ダイズ種子エキス、パイナップル果実エキス、ユキノシタエキス、ドクダミエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、チャ葉エキス、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、ラレアディバリカタエキス、パパイン、カオリン、香料、イランイラン花油、カキタンニン、アルムK、ベントナイト、BG、キサンタンガム、グリセリン、レシチン、エタノール、炭酸水素Na、炭酸Na、クチナシ色素

こちらを見る限りは、界面活性剤など刺激の強い洗浄剤は含まれていません。

あくまでも、植物エキスを中心とした天然由来の成分で構成されており、子供や敏感肌の方が使っても安全であると言えそうです。

ちなみに、抑毛効果が期待出来る主な成分はパパイン・ブロメライン・イソフラボン・ラレアディバリカタエキスの4つです。

ジョモリーに含まれる主要な4成分

パパイン

パパイヤから抽出される成分で、タンパク質を溶かす性質があります。

これによって、ムダ毛を溶かすだけでなく、古い角質を取り除く効果が期待出来ます。抑毛ローションにはよく使われている成分ですね。

ブロメライン

聞き馴染みのない名前だと思いますが、こちらはパイナップル由来の成分です。

ブロメラインも、皮膚の角質を柔らかくする効果があります。ムダ毛対策にパイナップルエキスは王道の成分です。

イソフラボン

これは皆さんご存知だと思いますが、大豆由来の成分です。

イソフラボンは女性ホルモンを増やす作用を持っており、美容製品に使われることも多い大人気成分です。

ムダ毛が濃くなる原因の一つとして、体内の女性ホルモンが不足して男性ホルモン優勢の状態になること。イソフラボンはそれを防ぐ効果が期待出来ます。

ラレアディバリカタエキス

キャピスローという樫の一種から抽出される成分で、肌を滑らかにしてくれる効果があります。

ボディクリームなどにも含まれることが多い天然成分となっています。これも子供が使用しても問題ない成分です。

抑毛以外に効果のある成分

またジョモリーには抑毛だけでなく、美容・保湿、引き締め、消臭などの効果が期待出来る成分も含まれています。

これらに関しても、すべて天然由来の成分で作られており、子供が使用しても全く問題ないと言えるでしょう。

美容・保湿成分

  • リンゴ果実エキス
  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ

引き締め成分

  • ユキノシタエキス
  • ドクダミエキス
  • チャ葉エキス

消臭成分

  • カキタンニン
  • ミョウバン
  • ベントナイト

製造は全て国内工場で安全にも配慮

さらにジョモリーは製造方法にもこだわり、国内の工場で「型練りコールドプロセス製法」という製法で一つ一つ丁寧に作られています。

成分は問題なくても、人件費を抑えるために中国や東南アジアで製造された粗悪な商品もありますから、国内生産というのは高評価ですね。

型練りコールドプロセス製法とは?

「型練り」とは石鹸の製造方法のことで、美容成分が2%しか配合できない機械練りに対し、手間のかかる型練りでは石鹸素地を60%まで抑えることが出来るため、美容成分を40%まで配合できるんです。

また「コールドプロセス」とは、高温で加熱するホットプロセスに対し直接材料に熱を加えることがないため、栄養成分が壊れることなくそのまま濃縮されます。

この2つの製法を組み合わせることで、手間はかかりますが、美容成分を最大限配合出来ているんです。

顔やデリケートゾーンにも使える?

あとは気になるのが、顔やデリケートゾーンなど敏感な部分にも使えるかどうか、といったところですよね。

こちらに関しては、市販されているボディソープなどに比べて刺激が強いということはないので通常通り使うことが出来ます。

ただし、目に入る恐れがあるため、まつげや眉毛など目の周りは避けて使うようにという注意書きがあります。目に入ったからといって失明するとか直接害があるわけではないようですが、顔に使う際は念のため覚えておきましょう。

またデリケートゾーンにも問題なく使えますが、デリケートゾーン専用の商品ではないので様子をみながら使った方がいいかもしれません。

普通に使用するぶんには、全く問題なく顔にもデリケートゾーンにも使えると思って良いでしょう。

成分も天然由来のもので、安全面にはしっかりと配慮されているため、子供でも安心して使うことができそうです。

>>Jomoly(ジョモリー)の公式サイトはこちら

ジョモリーのメリットデメリット

メリット

  • 洗うだけでいいので簡単
  • ボディソープの代わりにするだけなので続けやすい
  • 抑毛だけでなく肌のケアも出来る
  • 初回注文は送料500円のみで実質無料

ジョモリーの最大メリットは、洗うだけで抑毛効果が得られるので子供でも簡単に使えるということ。

普段のボディソープをジョモリーに置き換えるだけで良いので、毎日続けやすいというのも面倒臭がりな子供にとっては大きなポイントです。

さらに、初回注文は送料500円のみで試すことが出来るので、気軽に試すことが出来るというのもメリットですね。

デメリット

  • 即効性はない
  • 毛がすべてなくなるわけではない
  • 太い毛には効果が出にくい

ジョモリーは即効性があるわけではないので、効果を実感するには1ヶ月くらいは使い続ける必要があります。

そして、あくまでも抑毛効果によって毛が薄く生えにくくなるというものなので、脱毛のように完全に毛がなくなるわけではありません。

また、これは子供のムダ毛であれば問題ないかと思いますが、成長しきった太いすね毛などにも効果が出にくいようです。

ジョモリーは楽に使えるのが最大のメリット

ジョモリーは少しでも手軽に、簡単にムダ毛を薄くしたいという方にはぴったりの商品です。

ジョモリーはこんな人にオススメ

  • 抑毛ローションは毎日塗るのが面倒で続かなかった
  • 全身の毛を満遍なく薄くしたい
  • 乾燥肌で困っている
  • 少しでも初期費用を抑えて試したい

逆に、すぐに効果を実感したい、完全にツルツルにしたい、という方にはジョモリーは向かないでしょう。

そういった方は子供専用コースのあるキッズ脱毛を検討するしかなさそうです。

参考子供が脱毛サロンに通えるのはいつから?安全面は大丈夫?

まとめ:子供でも安全に使える!

芸能人も使っていたり、テレビでも取り上げられるほどですから、やはり安全面にも十分な配慮がされているようでした。

この成分であれば、子供が使っても全く問題ないと言えるでしょう。

ジョモリーはAmazonでも販売されていますが、公式サイトの「トクトクコース」であれば初回は送料のみの500円で試すことが出来るので、そちらを利用して購入するのがおすすめです。

気になる方は、この機会にぜひワンコインで試してみてはいかがでしょうか?

>>Jomoly(ジョモリー)の公式サイトはこちら

私たち親子イチオシの抑毛ローション

NEW コントロールジェル ME

天然成分から作られた、小さい子供でも使える低刺激な抑毛ローションです。

お風呂上がりなどに使い続ける事で、ムダ毛が薄く柔らかくなって目立たなくなります。

なんと既に20年以上も販売され続けていて、その効果は大手ボディケアサロンでも会員向けの商品として扱われているほど。

初回の注文は25%オフで、1本から購入出来ます。しかも、60日以内であれば、開封後でも使用後でも全額返金OKなので気軽に試す事が出来るんです。

ちなみに、私の娘がメインで使っているのもこの商品ですよ。

参考コントロールジェルMEを子供と1ヶ月試してみた!その効果は本当なのか?

-子供向けのムダ毛対策商品

Copyright© こどものムダ毛ラボ , 2018 All Rights Reserved.