こどものムダ毛ラボ

毛深い子供のために親が出来ること

ムダ毛の処理方法

【危険】子供のムダ毛処理で市販の除毛クリームをおすすめしない3つの理由

更新日:

子供のムダ毛処理に除毛クリームはおすすめしない

除毛クリームは、仕上がりもツルツルになるし、広い範囲をカンタンに処理できるので、自宅で出来るムダ毛処理としては人気の方法です。

しかし、子供のムダ毛処理で除毛クリームを使おうとしているなら、ちょっと待ってください。

えっ、カミソリだと肌を傷つけそうで怖いし、除毛クリームにしようかと思ってたんですけど、、、
手軽ではありますが、子供の肌に使うのはリスクがあります。私は正直オススメはできません、、、

プールの授業の前日など全身を一気に処理出来るので、除毛クリームを子供のムダ毛処理の方法として考える人もいることでしょう。

しかし個人的には、敏感な子供の肌に除毛クリームを使うのはおすすめできません。

今回は、私が子供のムダ毛処理に除毛クリームがオススメできない3つの理由をお伝えさせていただければと思います。

理由その1 肌がかぶれる可能性がある

まず第1に、除毛クリームは肌への負担が大きく、皮膚が弱ければ大人でもかぶれたり、炎症を起こしたりする可能性があります。

使用する前には必ずパッチテストをすることが推奨されているのはそのためです。

市販の除毛クリームはタンパク質を溶かして毛を処理する

そもそも薬局やドラッグストアなどに売られている市販の除毛クリームは、「チオグリコール酸カルシウム」という有効成分が毛のタンパク質を溶かすことで、ムダ毛を除去します。

実はこの時、同じくタンパク質で出来ている肌も溶かしてしまっているのです。

敏感肌の人が、パッチテストで肌がかぶれたり炎症を起こすのはこのためですね。

チオグリコール酸カルシウムの効果により肌ごと溶かしているにもかかわらず、「直接かぶれたり炎症が出なければOK」と見過ごすのはどうなんだろう、と個人的には疑問に思ってしまいます。

大人であれば皮膚も厚くなっていますし、肌の再生能力でなんとかなるかもしれませんが、子供に使うのは少々問題があるのではないでしょうか。

また、除毛クリームで処理した直後は問題がなかったとしても、弱った肌がプールの塩素によってかぶれる。といった事例もあります。

理由その2 顔やデリケートゾーンには使えない

そして第2の理由としては、除毛クリームは顔やデリケートゾーンには使えない、というものです。

除毛クリームの注意書きには、顔やデリケートゾーンには使用しないでください。という注意書きが必ず書かれています。商品によっては、ワキへの使用が禁止されているものもありますね。

これは、顔やデリケートゾーン、ワキなど皮膚の薄い部分は、先ほどのチオグリコール酸カルシウムによって炎症が起きやすいためです。

頑固なムダ毛を数分で溶かしてしまうほどですから、その成分の強さがわかりますよね。

使えない場所は他の方法で処理することに

そうなると、除毛クリームが使えない部位は他の方法で処理することになります。

手軽にムダ毛処理を行うために除毛クリームを買ったのに、結局その他の方法も合わせてやらなければいけないのであれば、「そもそも除毛クリームにこだわる必要はあるのかな?」と考えてしまいます。

理由その3 結局、毛がなくなるわけではない

そこまでのリスクと手間をとって除毛クリームでムダ毛処理をしたとしても、結局のところムダ毛自体がなくなるわけではありません。

1週間もすれば元のように生えてきますし、毛深い人なら2〜3日でチクチクしてくるはず。その度にまた除毛クリームを使い続ける必要があるのです。

ムダ毛処理のたびに一緒に肌のタンパク質まで溶かし続けるのは、、、やっぱりちょっと怖いですよね。

子供でも使える除毛クリームは?

とはいっても、「カミソリ負けしやすい」「毛が濃くて剃り跡がポツポツする」など、どうしても除毛クリームでないと対応できない場合もあるかもしれません。

その場合は、ドラッグストアで安い市販の除毛クリームを購入したり、フリマアプリやオークションで知らない人から購入するのだけは絶対にやめてください。

敏感肌や子供でも使える除毛クリームはかなり限られますが、例えばディー・レジーナ・エピ・プレミアムなどは医薬部外品として登録されているので子供でも安心して使うことができます。

ドラッグストアなどに売られている市販のものに比べれば多少値はお値段はしますが、ここまで説明したように、市販の除毛クリームは危険がいっぱいです。

大切な子供の肌がボロボロになってしまわないように、そこだけはケチらないように良いものを使うべきです。

>>ディー・レジーナ・エピ・プレミアムの詳細を見る

まとめ:自宅でのムダ毛ケアならオススメは除毛より抑毛

やはり理想をいえば、子供でもサロンでの脱毛で処理するのが、肌への負担も少なく、最も効果の高い方法です。

今は子供でも脱毛できるキッズ脱毛コースのあるサロンもあります。

参考子供が脱毛サロンに通えるのはいつから?安全面は大丈夫?

とは言っても、脱毛は費用もかかりますし、「さすがにまだ脱毛は、、、」という方もいるでしょうから、なかなか現実的な方法ではありません。

そんな方が自宅でムダ毛ケアをするのであれば、除毛ではなく「抑毛」がオススメです。

抑毛ローションには即効性こそありませんが、毛を溶かすこともないので肌への負担もなく、使い続けることでムダ毛が細く、生えにくくなります。

使い続けてもムダ毛が減らない除毛とは違って、ムダ毛を根本から対策することが出来るのです。

もちろん抑毛ローションも、子供でも使えるような天然由来の成分で作られているものを選ぶ必要があります。

詳細は別の記事で詳しく解説していますので、よければそちらも合わせてご覧ください。

参考子供でも使えるおすすめの人気抑毛ローション3選

子供のムダ毛処理において一番重要なのは安全です。

効果の強さも大切ですが、まずは大切な子供に安心して使える方法を選んであげることこそが、親の役目と言えるでしょう。

私たち親子イチオシの抑毛ローション

NEW コントロールジェル ME

天然成分から作られた、小さい子供でも使える低刺激な抑毛ローションです。

お風呂上がりなどに使い続ける事で、ムダ毛が薄く柔らかくなって目立たなくなります。

なんと既に20年以上も販売され続けていて、その効果は大手ボディケアサロンでも会員向けの商品として扱われているほど。

初回の注文は25%オフで、1本から購入出来ます。しかも、60日以内であれば、開封後でも使用後でも全額返金OKなので気軽に試す事が出来るんです。

ちなみに、私の娘がメインで使っているのもこの商品ですよ。

参考コントロールジェルMEを子供と1ヶ月試してみた!その効果は本当なのか?

-ムダ毛の処理方法

Copyright© こどものムダ毛ラボ , 2020 All Rights Reserved.